経営理念

ものづくりのプロ集団として責任を自覚し、
『富士』の名に恥じない『made in japan』の品質を提供する。
これらの使命を通じて、従業員の物心両面の幸福の実現と地域社会の発展に貢献する。

会社概要

社名 株式会社 富士工作所
設立 1979年
資本金 4,000万円
従業員数 34名
代表取締役 田邉 敏樹
所在地 〒651-2271     
神戸市西区高塚台3丁目1番57
TEL 078-991-3853(代)
FAX 078-991-3032
URL http://www.fuji-spf.co.jp
営業品目 製缶・鈑金・プレス機械加工・レーザー加工
取引銀行 商工組合中央金庫 神戸支店
三井住友銀行 板宿支店
百十四銀行 神戸支店
京都銀行 六甲道支店

鋼の10カ条

1条:出来ないではなく、どうすれば出来るか考える

会社の方針はお客様の要望に応える。皆が同じ思いで一つでも工夫し、「出来る」を増やして行く。

2条:業務を選ばない

作業内容によっては、やりたくない業務であっても誰かがしなければ、 お客様には届かない。与えられた業務は責任をもって完遂する。

3条:思いやり

指示された業務でなくても手伝えることがあれば協力し合い、 どのようにしていれば次工程が作業しやすいかを常に考えて業務を行う。

4条:報告・連絡・相談

必要な情報が伝わっていなければ業務に支障をきたし、人間関係の悪化にも繋がる。適確、迅速に報・連・相をする。

5条:感謝の気持ちを持つ

一人の力では、お客様に満足してもらえる製品を作ることが出来ない。皆の協力のもと完成していくので互いに当たり前のことにも感謝の気持ちを持つ。

6条:相手の目を見て話す

挨拶する時でも返事をする時でも目を見ていなければ、相手に不快な気持ちを与えてしまうし、本当に伝わったかどうか分からない。

7条:謙虚な姿勢

長く仕事をしていれば、初心が薄れていくものだが、世の中、自分よりも優れている人はたくさんいるので、傲慢になってはならない。

8条:分からないことは素直に聞く

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」分からないまま放っておいたら、成長がそこで止まってしまうので、素直にその場で聞く。

9条:危険予測

作業を行っていれば、危険なことが常々つきまとう。 これをすると、こうなるかも知れないと予測して業務を行う。

10条:技術の向上

いつか誰かがやってくれるのを待ち望むのではなく、自ら課題に飛び込みひたむきに日進月歩して行く。


当社の知的資産について、詳しくはPDFにてご覧いただけます。

 知的資産報告書PDFファイル(PDF:2.76MB)

 

head-bottom