社長あいさつ

代表取締役 田邉 敏樹株式会社富士工作所は1979年兵庫県神戸市須磨区にて私の父により鈑金業として創業し、現在は神戸市西区にて日々前進しつづけております。

2008年に知的資産経営報告書のお話をいただき作成してから早いもので6年の歳月が過ぎました。
2008年に作成したときは私が社長就任2年目だったこともあり、がむしゃらに仕事をしていました。当時は今に比べ景気も良く、私の年齢も20代だったので若さだけで乗り越えられた気がします。しかし2008年のリーマンショックの影響で2009年~2010年にかけて不況になり売上も7割まで落ち込みました。
私が社長に就任したときに「景気が良い時は誰でも社長は務まる。不景気な時が社長の腕の見せ所や」と先輩に言われたことを思い出しました。
私にそのような「腕」は無いので、もう一度当社の知的資産を見直し、企業文化である「お客様を大切にする心」「ものづくりへの探究心」の原点に戻り、会社の進むべき方向性を従業員に理解してもらおうという思いで知的資産経営報告書を一から作り直すことにしました。

富士工作所は、「できない」ではなく「どうすればできるか」をひたむきに追求する企業であります。そのためにも、新たな技術に挑戦する心を忘れず日々進化しつづけたいと思います。

最後に本知的資産経営報告書をご覧頂き、私どもの想いをご理解賜りましたら幸いでございます。


当社の知的資産について、詳しくはPDFにてご覧いただけます。

 知的資産報告書PDFファイル(PDF:2.76MB)

 

head-bottom